相続税の申告書類は自分で作成することって出来るの? | 相続税の申告書類から作成方法まで

相続税の申告書類から作成方法まで
Home » 相続税の申告書類 » 相続税の申告書類は自分で作成することって出来るの?
ribbon

相続税の申告書類は自分で作成することって出来るの?

相続税の申告に関しては、相続税の専門家である税理士に頼んだほうがいいと言われています。
しかし、費用の面で何とか自分で相続税の申告が出来ないかと考える人もいます。
不動産や土地などを持っている人は、自分で集めなくてはならない書類や作成しなければならないものも増えてしまうので、相当な時間がかかってしまうと考えられます。
一方、内容がシンプルなものであれば、自分で相続税の申告をすることが出来るでしょう。

・相続税の申告書類の作成は自分でもできるの?
相続税の申告をするときは、税理士の方に頼んで書類を作成してもらうケースもありますが、内容がシンプルなものであれば、自分で申告する書類を作成することが出来るでしょう。
相続した財産に不動産がない場合や現金・預貯金などが少ないのであれば、自分で作成することは簡単だと思います。
また、相続税について知識があったり、書類を準備する時間がある、作成する時間があるという人であれば自分で作成することも出来るでしょう。

・自分で申告するときの注意点
自分で相続税の申告書類を作成するときは、間違えないように書くことはもちろん、記入漏れがないように注意しましょう。
また、申告期限を守って書類を提出することによって、配偶者控除や小規模宅地等の特例を受けることも出来ます。
相続税の申告は出来るだけ早く行うように努力し、不動産や土地などを持っている場合は不動産の価値についてもしっかりと計算しましょう。
相続税の申告に必要な書類がなかったり、誤った計算方法で提出してしまうと申告が出来なくなってしまったり、期限までに申告を完了させることが出来なくなる恐れもあるので注意しましょう。

このように相続税の申告は税理士に頼まなくても自分で行うことも可能です。
しかし、誤った計算方法で計算をしてしまいそう、記入漏れがないか心配だという場合は相続税の専門家である税理士にお願いをしたり相談をしたほうがいいと思います。

相続税の申告書類 | 08月07日更新