相続手続きに必要な金額 | 相続税の申告書類から作成方法まで

相続税の申告書類から作成方法まで
Home » 相続税の申告書類 » 相続手続きに必要な金額
ribbon

相続手続きに必要な金額

・相続にはかなりのお金がかかる
本来遺産相続というのは、親や兄弟などの財産を受け継ぐことなので、本来であれば一切お金がかからないのが一般的です。
しかし、日本は税金大国ですし、手続きにも手数料が必要になることが多々あります。

さらに税理士や弁護士などに依頼をすれば、当然報酬を支払わないといけないので、お金が必要になるでしょう。
では、相続手続きを行う際には、どれだけの金額が必要になるのでしょうか。

相続税に関しては、どれだけの遺産を引き継ぐのかによって金額が変わってくるので、今回は省かせていただきます。
相続税以外にも手続きにはお金が必要になってくるので、この金額について触れてみましょう。

相続手続きにはたくさんの書類を集めなければいけません。
書類をもらうためには、手数料を取られるのが一般的です。

書類1枚で多額の金額が必要になることはありませんが、たくさん集めるとその分高い金額になることもあるでしょう。
ちなみに被相続人に関する手続きを行う場合に必要になる除籍謄本は750円、住民票の除票は300円必要になります。

これは被相続人に対して行う手続きなので、必ず必要になる金額です。
では、相続する方の人は、どのような書類が必要になるのかというと、戸籍謄本が450円、住民票が300円、印鑑証明が300円かかります。

これも相続する場合には必要になる書類なので、必ずもらってこなければいけません。
ちなみに今回紹介したのは1人分の場合です。
被相続人は当然1人しかいないのですが、相続人の方が必ずしも1人とは限りません。

人数が多ければ多いほど書類の数も比例して増えていきます。
銀行口座も被相続人の保有している物は解約しなければいけないのですが、自分の口座を解約する場合とは異なり、手数料を支払うようになります。

ただし、銀行によってどれだけ手数料を取られるのかが変わってきます。
ここまではそれほど高い金額が必要になるわけではありませんが、不動産を所有している場合には、不動産の登記手続きを行う必要が出てきます。

このような手続きは難しいので、専門家に依頼することも多いでしょう。
そうすると数十万円単位の金額が必要になるのです。

相続税の支払いがある場合にも、税理士に依頼すれば数十万円の金額が必要になりますし、家族同士で争って裁判になった場合には、さらに高い金額がかかります。
もし専門家に全く依頼しないのであれば、そこまで高い金額がかかることはないのですが、自分だけで行うのは難しいので、万全を期して依頼は行うべきでしょう。

相続税の申告書類 | 11月05日更新