不動産を相続した!相続税の申告は司法書士に相談 | 相続税の申告書類から作成方法まで

相続税の申告書類から作成方法まで
Home » 相続税の申告書類 » 不動産を相続した!相続税の申告は司法書士に相談
ribbon

不動産を相続した!相続税の申告は司法書士に相談

相続税の申告について相談を行うのであれば、司法書士に行うのがいいのではないかと考えられています。
その理由としては、相続や遺言書、家族信託等についての専門家だからです。
司法書士は暮らしに役立つ法律家なので、財産の相続後の不動産登記や遺産管理業務の他、遺言書の作成や家族信託などの相談にも乗ってもらえますよ。

・不動産を持っている場合は司法書士
最近は相続が発生したときに50%の確率で不動産を相続してしまうとされています。
相続した財産に不動産があった場合は、相続税を延納してもらうためにも相続人の名義に変更しなければなりません。
司法書士は不動産の名義変更を行う専門家なので、登記申請を代理として手続きを行ってくれますよ。
また、相続人の依頼に対し遺産分割協議書を作成してくれたり、必要な様式の申請書類を用意してくれることもあるので、さまざまな用途で利用してみるといいと思います。

・司法書士にお願いをすれば1人で済む?
相続税については税理士や弁護士にお願いをして、不動産登記については司法書士にお願いをしようと考える人もいます。
しかし、司法書士でもさまざま用途で利用できるので、何人もの人に相談・報酬を支払うよりは効率的になります。
各相続税の問題でいろんな人と連絡を取る必要もなくなり、相続税に関することをまとめて依頼できるので自分の手間を省きたいというのであれば、初めから司法書士に相続税の相談をしたほうがいいと思います。
申告や不動産登記の手続きをスムーズに行ってくれるので、申告期限までに書類を用意したり不動産登記も完了させられると思います。

このように相続税については、専門家である税理士や弁護士にお願いをしたほうがいいのではないかという意見もありますが、不動産を持っている場合は初めから司法書士に相談をしたほうがいいでしょう。
司法書士に相談をすることによって、相続税に関する業務をまとめて依頼することができ、時間短縮と手間を省くことが出来るでしょう。

相続税の申告書類 | 08月07日更新