相続税の申告なら弁護士がおすすめ!書類の作成からトラブルまで解決!? | 相続税の申告書類から作成方法まで

相続税の申告書類から作成方法まで
Home » 相続税の申告書類 » 相続税の申告なら弁護士がおすすめ!書類の作成からトラブルまで解決!?
ribbon

相続税の申告なら弁護士がおすすめ!書類の作成からトラブルまで解決!?

相続税の申告に対して、相談をするのであればどこがいいのでしょうか。
相続税の申告をするときは相続する財産が多すぎて、相続人同士でトラブルになってしまうこともあります。
相続人同士でトラブルになるときは大体察しがつくので、トラブルになりそうだと感じるときは弁護士の方に相談をしてみましょう。
弁護士であればありとあらゆることを行ってくれるので、別途行政書士や司法書士などに依頼をしなくてもよくなりますよ。

・弁護士ってなんだか相談しにくいイメージがある
弁護士に相談するのはなんだか敷居が高くて嫌だと感じる人も多いと思います。
確かに、弁護士は行政書士に比べて敷居が高いと感じる人が多く、相談しにくいのではないかと考える人もいます。
しかし、最近では弁護士事務所に直接出向かなくても、電話で相談に乗ってくれるところも多くなりました。
これにより、弁護士に対して敷居が低いのではないかと感じる人や、相談しやすかったと感じる人が増えています。

・弁護士が行ってくれることってどんなこと?
弁護士に相談できることは相続人同士のトラブルや遺産分割協議書、調停の代理や遺言書の作成・検認、遺留分減殺請求などです。
この中には、弁護士にしかできないこともあるので、これらを一括してお願いしたいという場合は弁護士にお願いをしたほうがいいでしょう。
また、弁護士は弁護士法というものに、弁護士及び税理士の事務を行うことが出来るとされています。
これにより、相続税の申告や申請、書類の作成なども行ってくれますよ。
書類の作成についてはしっかりとした計算方法で行ってくれ、記入漏れがないのはもちろん、相続税で軽減できるものは最大限に活用してもらえるでしょう。

このように、相続税の申告はどこに相談したらいいのか困ってしまうこともよくあります。
相続税について相談に乗ってくれるところは行政書士や司法書士、税理士などがありますが、基本的に税理士の仕事は弁護士であれば行うことが出来ます。
書類の作成から相続人同士のトラブルまで解決してほしいというのであれば、弁護士に相談をして相続税の申告を行ってもらうのがおすすめです。

相続は正しく行わないと税務調査が入ることがあります。
相続税の税務調査の流れについてはこちらを参考にしてください。

相続税の申告書類 | 08月07日更新