相続税の申告書類 についての記事一覧 | 相続税の申告書類から作成方法まで

相続税の申告書類から作成方法まで
ribbon

相続手続きに必要な金額

・相続にはかなりのお金がかかる
本来遺産相続というのは、親や兄弟などの財産を受け継ぐことなので、本来であれば一切お金がかからないのが一般的です。
しかし、日本は税金大国ですし、手続きにも手数料が必要になることが多々あります。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 11月05日更新
ribbon

相続税の申告は専門家に相談しよう!どこに相談するべき?

相続税の申告に関することを専門家に相談しようとすると、お金がかかるのではないかと思っている人も多いと思います。
最近は、無料で相談できる税理士や弁護士事務所も増えているので、相続税の申告で困っているときは気軽に相談をしてみるといいと思います。
相談していい解決策や必要な書類、作成の仕方などを聞くことによって、相続税の申告に関する不安を取り除けるのではないかと考えられます。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

不動産を相続した!相続税の申告は司法書士に相談

相続税の申告について相談を行うのであれば、司法書士に行うのがいいのではないかと考えられています。
その理由としては、相続や遺言書、家族信託等についての専門家だからです。
司法書士は暮らしに役立つ法律家なので、財産の相続後の不動産登記や遺産管理業務の他、遺言書の作成や家族信託などの相談にも乗ってもらえますよ。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

相続税の申告では通帳が必要になることもある!

相続税の申告を行うときは申告に必要な書類を集めるときに、被相続人の通帳のコピーと財産を相続した家族全員の通帳のコピーも用意しておくのがおすすめです。
相続税の申告では税務署がお金の動きを見るために、被相続人や相続人、家族全員の通帳を提出してほしいと言われることがあります。
こういった場合は抵抗をせずに、素直に通帳の提出を行いましょう。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

相続税の申告には添付書類が必要!?

相続税の申告をするときは申告に必要な書類を収集したり、作成したりしなければなりません。
しかし、もう一つ忘れてはいけないのが添付書類についてです。
添付書類についてはたくさんの種類があり、必要となる書類を添付し忘れてしまうと申告手続きが遅れてしまうこともあるので注意しましょう。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

相続税の申告なら弁護士がおすすめ!書類の作成からトラブルまで解決!?

相続税の申告に対して、相談をするのであればどこがいいのでしょうか。
相続税の申告をするときは相続する財産が多すぎて、相続人同士でトラブルになってしまうこともあります。
相続人同士でトラブルになるときは大体察しがつくので、トラブルになりそうだと感じるときは弁護士の方に相談をしてみましょう。
弁護士であればありとあらゆることを行ってくれるので、別途行政書士や司法書士などに依頼をしなくてもよくなりますよ。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

相続税の申告は行政書士にお願いしてみよう!

相続税の申告をしようと思ったとき、自分ではとてもできないと思うこともあります。
書類を集めることが出来ない、書類を作成する時間がないという人もいるでしょう。
そんなときは、行政書士にお願いをして相続税の申告に関することをすべて行ってもらうのがおすすめですよ。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

相続税の申告書類は自分で作成することって出来るの?

相続税の申告に関しては、相続税の専門家である税理士に頼んだほうがいいと言われています。
しかし、費用の面で何とか自分で相続税の申告が出来ないかと考える人もいます。
不動産や土地などを持っている人は、自分で集めなくてはならない書類や作成しなければならないものも増えてしまうので、相当な時間がかかってしまうと考えられます。
一方、内容がシンプルなものであれば、自分で相続税の申告をすることが出来るでしょう。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

相続税の申告に必要な書類!効率をよくする書き方とは?

相続税の申告を行う際に必要なのは、たくさんの書類です。
必要な書類が1枚でもかけてしまうと、相続税の申告が出来なくなってしまうので注意しましょう。
そこで、相続税の申告書類の上手な書き方について見ていきたいと思います。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新
ribbon

相続税の申告に必要な書類とは?第1表~第15表までの項目について

事故や災害、病気などの理由で、急に財産を相続することになってしまう人は多いと言われています。
急に大切な人を失った場合、悲しみや心に負った傷は数えきれないほど大きいと思います。
しかし、急に財産を相続することになってしまったとしても、相続税の申告は相続を知ってから10ヶ月以内と決まっているので、それまでに必要な書類を用意しなければなりません。
(さらに…)

相続税の申告書類 | 08月07日更新