相続税の申告に関する書類と書き方!相談するならどこがおすすめ? | 相続税の申告書類から作成方法まで

相続税の申告書類から作成方法まで
ribbon

相続税の申告に関する書類と書き方!相談するならどこがおすすめ?

相続税の申告は相続を知った日から10ヶ月以内に申告を行わなければなりません。
申告をするときは必要な書類を用意し、税務署に提出をしないといけないのですが、書類にはいろんな種類があって分かりにくくて、集めるのが大変だという意見もあります。
なので、相続税の申告に必要な種類について見ていきたいと思います。

▼ 目次

相続税の申告に必要な種類は何種類?

相続税の申告をするときは、計15種類の中から必要な書類を用意しなければなりません。
どれが必要で、どれが必要のないものかが分からない場合は、全ての種類を集めてから書類を選別していった方がいいかもしれません。
主に基本となるのは第1の相続税申告書と、第2の相続税の総額を計算する書類です。
これらの書類は相続税の申告に必ず必要になるので、忘れずにこの書類を用意するようにしましょう。

相続税の申告をするときの書類の書き方

相続税の申告をするときは手順に沿って書いていく必要があります。
書き方の順番としては第9表から第15表までを作成し、次に第4表〜第8表までを書いていきます。
その後、第1・第2・第3表を書き終えたら、書類の書き方としてはベストになります。
書類を書き終えたら、相続税の申告書を作成する書類を作っていきます。

相続税の申告書類の作成は自分でもできるの?

中には、相続税の申告書類を税理士の方に頼んで作成してもらうケースもありますが、内容がシンプルなものであれば自分で申告書類の作成をすることが出来ます。
相続した財産に不動産がない場合、現金や預貯金などが少ないのであれば自分で作成することは簡単だと思います。
また、相続税について知識があったり、書類を準備したり作成する時間があるという人であれば、自分で作成することも出来るでしょう。
自分で相続税の申告書類を作成するときは、間違えないように書くことはもちろん、記入漏れがないように注意しましょう。

行政書士や弁護士に相談してみよう!

行政書士とは人の代わりに書面を作成してくれる人を表しています。
よって、自分で相続税の申告書類を作成できない場合は、行政書士に相談してみるのがいいと思います。
弁護士よりも敷居が低くて相談しやすいことで、費用の面でも利用しやすいのではないかと考えられます。
弁護士は相続人同士の争いに関する代理となってくれたり、遺産分割協議書・調停の代理を行ってくれることもあるので、必要な場合は司法書士や弁護士の方に相談をしてみるといいでしょう。

税理士に相続税を依頼・相談

相続税の申告で忘れてはならないのが添付書類です。

添付書類を忘れてしまうと、課税価格の計算や相続税の軽減が出来なくなってしまうこともあるので注意しましょう。
添付書類は大まかに分けても数えきれないほどあります。
中には、被相続人には関係ないもの(ゴルフ会員権・株式)もあります。
必ず必要になる添付書類は土地や建物に関係する書類、現金預貯金や生命保険等の書類、退職金や借金・未払いによる書類、葬儀費などの書類は必要不可欠になります。

家族の通帳までが相続税の調査対象になる?

相続税の申告を行うと税務署がチェックをして、銀行や金融機関などに過去数年分の口座の入金・送金を確認します。
この場合、被相続人の口座はもちろん、相続人となったすべての人の通帳も調査されることになります。
被相続人から生前に贈与があったのか否か、家族や親せきの間でお金のやり取りがなかったかなども調査対象になります。
中には、税務署の通帳提出を拒む人もいるのですが、税務署は直接金融機関に連絡をして調査することも出来るので、無駄な抵抗をしないようにした方がいいでしょう。
無駄な抵抗をしてしまうと余計に怪しまれてしまうので、税務署から通帳提出を求められた場合は素直に応じるようにしましょう。

不動産を持っている場合は司法書士

相続した財産に不動産があった場合は、相続税を延納してもらうためにも相続人の名義に変更しなければなりません。
司法書士は不動産の名義変更を行う専門家なので、登記申請の代理として手続きを行ってくれますよ。
また、相続人の依頼に対し遺産分割協議書を作成してくれたり、必要な様式の申請書類を用意してくれることもあります。

相続税の申告については一人ではなく相談するのがおすすめ

相続税の申告は書類・作成がややこしい場合が多いです。
また、添付書類も必要となると時間や手間がかかってしまうので、一人では手に負えなくなってしまうこともあります。
相続税の申告を行うときは相続税や不動産などに強い専門家に相談をして、相続税が安くなる条件がないかを調べてもらったり、面倒な書類収集や作成を行ってもらうのがおすすめですよ。
相続税や不動産に強い専門家であれば、書類収集から書類の作成まですべてをお願いできるので、知識が豊富な専門家に相談をしてみた方が得策であると考えられます。